バルコニータイルを貼る場合の注意点

バルコニータイルを貼る場合の注意点

最近の住宅のほとんどがバルコニーを設けています。

採光や通風を取る窓面を広く取れるのと、バルコニーを設ける事で部屋が広く感じられる利点があります。せっかくならバルコニータイルを貼って、遊び心や部屋からの景観を良くしたら如何でしょうか。


そのバルコニータイルを貼る場合の注意点について考えて見ましょう。

まず床にタイルを貼る場合ですが、必ず排水口に向かって水勾配を取る事です。雨の日にバルコニーに水溜りが出来るようですと、使い勝手が悪くなによりも雨漏れの心配が出てきます。
大きなタイルで水勾配が取りにくい場合は、モザイクタイルなどの小さなタイルならスムーズに水勾配が取れるでしょう。



それと高齢者や幼児のいる家庭では、床タイルは滑りにくい材料を使用しましょう。



特に水に濡れたりすると滑りやすいタイルがあるので、危険の無い様に滑り止めの施したタイルを使うと良いでしょう。



逆にバルコニーの壁に貼るタイルは大きく表面がつるつるした物がよいでしょう。
高級感があり表面に付いたホコリなどは、雨の日に洗い流してくれる利点があるでしょう。


バルコニータイルを貼る場合は床面にしろ壁面にしろ、色や形を替えてデザインしてみるのも良いでしょう。

壁は明るい色で所々色を変えると、デザイン的にも面白いです。


床は小さなモザイクタイルを使用するなら、花や動物また乗り物などの形に色を変えて貼ると、子供のいる家庭では喜んでくれるでしょう。
バルコニータイルは色や形を変えて楽しむには、良い場所に貼るタイルでしょう。

Copyright (C) 2015 バルコニータイルを貼る場合の注意点 All Rights Reserved.